• このエントリーをはてなブックマークに追加

【社会】小学生のうちにしておきたい「お金のしつけ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1: すゞめ ★ 投稿日:2015/11/14(土) 15:16:01.03

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00010001-mocosuku-hlth
11月14日(土)13時10分配信

私たちにとって、健全な暮らしを送るのに欠かせない「お金」。ところが、子どもがこのお金のことについて、きちんと学べる機会は意外と少ないですよね。
学校教育では、社会科や家庭科などで経済活動や家庭生活に関わる基礎用語を教わることはあっても、より豊かな生活を目指す方法とか、
自活するための術(スキルを身につける必要性や生活設計など)といったところまで踏み込んだ教育は、あまり行われていません。
お金に関しては、もっぱら家庭教育(しつけ)がベースとなり、子どもは社会に出て初めて、自ら苦難を乗り越え体験しながら学び取る、というスタイルが一般的です。
実際、子どもにお金のことをどう教えていこうか、悩んだことはありませんか? ここでは、子ども(小学生)の成長ごとに必要な「お金のしつけ」について、解説しましょう。

◆子どもは徐々に外へ出て行く
小学生以下の子どもにとって、「必要なモノ」「欲しいモノ」は、たいてい買ってもらいます(親が買い与えます)。
まだ幼くて家庭生活の範囲にとどまっているうちは、この方法が適切だと思いますが、成長して社会との接点が拡大するにつれて、
いつまでも買い与えてばかりでは、子どもの自立に役立ちません。まずは、各家庭独自のルールを決めてお金を使う・貯める練習をさせてみることが大切です。

◆学年別・お金に関して身につけておきたいこと
「お金のしつけ」といっても、いきなり株式投資の手法を教えることではありません。子どもの自立に必要な、適切な金銭感覚を身につけさせるためのものです。
以下は、金融広報中央委員会が作成した「金融教育プログラム」より筆者が抜粋し、修正を加えた項目です。
学年ごとに、体験して身につけるべきことをまとめていますので、参考にしてみてください。

●小学校低学年(1~2年生)
・モノを買うにはお金が必要であることを体験する。
・時には我慢もしつつ、お金を貯める習慣を身につける。
・お金は手持ちの範囲で使う習慣を身につける。

●小学校中学年(3~4年生)
・欲しいモノと必要なモノを意識し区別できるようになる。
・お小遣い帳などを用いて「お金を管理する」習慣を身につける。
・お金を貯める目的を意識する
・予期せぬ支出(ケガや病気の治療費・その他)が起こりえることを知る。
・子ども同士の安易なお金の貸し・借りは、悪意は無くとも信頼関係を破壊しかねないことを知る。

●小学校高学年(5~6年生)
・お金の使い道に優先順位が付けられるようになる。
・付加価値(品質・性能など)の違いによる価格の違いを知る。
・持っているお金の中で「買う」「買わない」という判断力を身につける。
・高価なモノを手にするために、計画的にお金の準備(=貯蓄)ができるようにする。
・不測の事態に備える方法には、貯蓄以外に保険があることを知る。
・モノの値段は、状況の変化により一定ではないことを知る。
・働くことの大切さとそれにより得るお金について、その仕組みと苦労を知る。

小学生の子どもに対するお金のしつけは、「お小遣いを与え始める時期」、「与えるお小遣いの額」、「無駄使いさせない工夫」というところに関心が集まりがちです。
しかしこれらの関心事は、子どもが自分の判断でお金を使う練習の「スタートライン」でしかないのです。
「使う」ほかにも、「貯める」、「働いて稼ぐ」、「備える」といった行動を、その家庭の考え方に沿った形で指導していくといいですね。

3: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 15:17:18.00 ID:s9BcLNQZ0.n
>>1
株式等の不労所得は「悪」では無い事も教えておくべき

40: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 15:59:48.01 ID:9l7EHenh0.n
>>1
逆をやっていると良いのだがw

42: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 16:01:24.84 ID:YDuKcdXb0.n
>>1にかいてあることは、たいだい全部、学校のそばの駄菓子屋で学習できたな
あそこは日によってお菓子の値段が違ったり、クジにあたりが全然なかったり
お気に入りの子だけはおまけしてもらったりで、社会って必ずしも平等なんかじゃないってことも学んだ

89: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 17:42:50.75 ID:8rBOQEdO0.n
>>1
ぜんぜん甘い。というかこれは最低限。
資本主義社会においては金が金を産むこと。
金利の性質、割引現在価値、複式簿記の実践。株式売買の体験。
これぐらいは最低限やっとけ。

94: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 18:13:13.62 ID:FDRFzejl0.n

>>89
>複式簿記の実践。

どう大事なの?

108: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 20:12:55.71 ID:8rBOQEdO0.n
>>94
内部留保が現金のことだと思ったり、内部留保に課税しろとか言っちゃうバカな大人にならないため。

99: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 18:40:03.61 ID:XlZ8d9mD0.n

>>1
こういう教育系の記事って、高すぎる目標を立てて、親をあおるよな。

実現可能な目標と、実現可能なステップを明確に書けばいいのに。

4: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 15:19:27.26 ID:ffyOYXt20.n

> ●小学校低学年(1~2年生)
> ・時には我慢もしつつ、お金を貯める習慣を身につける。
> ・お金は手持ちの範囲で使う習慣を身につける。

大人になっても
これができない奴、多いからな

12: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 15:32:54.36 ID:6ciJjysp0.n
>>4
子供の時にできる人は大人になってもできるし、できない人は成長してもできないんだよね

58: 名無しさん@1周年 投稿日:2015/11/14(土) 16:22:58.15 ID:VJwwQT7e0.n
>>4
まさにこれだな
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)